頑張れ!ヤクルトスワローズ!

燕市の「燕」は英語で「SWALLOW(スワロー)」。

名前の縁もあって、燕市は、2010年から、東京ヤクルトスワローズとの交流・連携事業を行なっています。

「スワローズ・ライスファームプロジェクト」として行われる春の田植や秋の稲刈り。

東京ヤクルトスワローズの公式戦にあわせて明治神宮野球場で開催する「燕市Day」。

スワローズ現役選手が指導する野球教室&トークショー、などなど。

今シーズンからチームの指揮をとるのは、

かつて選手兼監督として、新潟アルビレックベースボールクラブを率いていた、高津臣吾監督!

新潟県ゆかりの高津監督の指揮する今年のスワローズ。

応援しないわけにはいきませんよーーーーーー!!!

新型コロナウイルスのため、今日まで開幕が遅れてしまいましたが、

先日、YouTubeにあがった、高津監督のメッセージを見る限り、スワローズの大躍進は間違いなし!

みんなで一緒にスワローズを応援しましょー。

ちなみに、燕市での春の田植えイベントは中止となりましたが、

秋の稲刈りイベントや「燕市Day」は、なんとか開催したいと準備を進めています。

お楽しみにー。

高津監督の2020開幕に向けたメッセージはこちら(YouTube)

燕市と東京ヤクルツスワローズとの連携事業はこちら(燕市HP)