イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

日時:平成28年3月12日(土)13:00~17:30
場所:僕らのワークデザインラボ(東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル8F)

平成28年3月12日土曜日に開催した、首都圏学生と市内企業のマッチングイベント第一弾「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」の様子をレポートでお届けします。

31名の学生と6社の企業が参加

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

当日は31名の学生と6社11名の企業が参加しました。

燕市出身の学生は5名と、学生の多くはこれまで燕市とはあまり縁のなかった人が中心。一方の企業は燕市を代表する企業5社+燕市。
燕物産株式会社/ツインバード工業株式会社/北越工業株式会社/株式会社東陽理化学研究所/株式会社遠藤製作所

東京つばめいと事業や企業参加者の自己紹介で気分を高めつつ、早速企業の方と一緒にワークに入っていきます。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

1stステージ「働くを考える」

まずは小手慣らしのワーク。自分にとっての「働く」をレーダーチャートで表してそれぞれ発表。

企業担当の方にも一緒にワークに参加してもらうのがポイントで、「採用担当と学生の面接」ではないフラットなコミュニケーションの場を作っていきます。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

2ndステージ「企業をレゴで表現しよう」

互いのコミュニケーションもこなれてきたところで、いよいよレゴを使ったワークに突入します。企業から聞いた話を元に、チームで一つレゴで形にしてみようというワークは、最初「え、それって出来るの?」という課題ですが、そこがこのワークのねらい。

・企業の説明を聞く 4分
・企業にヒアリングをする 10分
・レゴ制作 25分

合計39分と短い時間でレゴを何とかカタチにするには、企業からいろいろ聞き出さなければいけません。
会社説明会のように「説明をずっと聞いている」わけではなく、自分が必要だからどんどん質問する。そして企業と一緒に作業を進めていくことで、企業が大事にしていることや理念、お客様との関係など、企業の考えがどんどん深掘りできていきます。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」
<製品を見せながら会社の説明>

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」
<学生と企業が一緒になって手を動かす&知恵を絞る>

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」
できあがったレゴの作品はどれも力作ぞろいでした。作品解説は懇親会で。

3rdステージ「企業の魅力を聞き出そう」(座談会)

レゴづくりでポイントを押さえたら、今度は他の企業の魅力も聞き出して行きます。
1社当たり12分の短い時間でも、もう「質問の訊き方」が分かっているので、学生たちはスムーズに話を伺うことが出来るようになっています。

ワークの総括、そして懇親会

参加企業からのメッセージをいただいて今日のワークを振り返ります。

企業担当の方からは、
「学生さんたちが積極的に動いて形を作っていく姿に驚いた」
「一緒に手を動かしてコミュニケーションを取れて有意義だった」
といったお話しをいただきました。
また、主催の燕市地域振興課・田辺課長からは蒲原弁で次のイベントのご紹介もいただきました。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」
<企業担当の方から学生の健闘をたたえるメッセージ>

そして懇親会へ

懇親会は、まずは金属酒器で乾杯。たくさん使った頭とのどに潤いを補給。
お酒はヤクルトスワローズと燕市のタイアップ「つば九郎焼酎」も提供いただきました。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

そして、各チームからレゴ作品の解説プレゼン。各チームとも工夫を凝らしてレゴを作った様子がよく分かりました。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

約4時間と少しの短い時間でしたが、ギュッと濃縮した体験が出来たのではないでしょうか。
「ものづくりの町つばめに興味が持てた」「ものづくりにかける情熱を強く感じた」などの意見がたくさん出ていて、学生たちも燕市の企業にグッと興味を持ってもらえた様子。
来年再来年に就活を控えている学生も多かったので、燕市の企業への就職につながることを期待しましょう。

イベントレポート:東京つばめいと「企業の魅力を掘り下げる1Dayワークショップ」

参加してくれた学生たち、企業の皆様、大変ありがとうございました。
また次のイベントにもぜひ参加して下さい。